FC2ブログ
category
sponcered links


Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

recent comments
recent entries
monthly
recent trackbacks
11 | 2018/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
キッチン☆まろにえ
日々の食卓のレシピ・手作りのお菓子やパンの記録。たまに育児日記も。1歳の女の子のママです♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
9/2 イエローナイフへ 長~い一日その4
ホテルから25分くらい車で走った場所に、オーロラビレッジはある。
オーロラビレッジは湖畔に位置し、視界を遮るものがないため、どの位置にオーロラが出ても美しい全景を眺めることができる場所。

tp.jpg

ティーピー(先住民の移動式住居)、ギフトショップ、ダイニングホール、トイレなどがあります。初日オーロラビレッジに到着するとまずティーピーに案内され、ツアーの説明を受け、施設案内の後、集合時間まで自由行動。
ティーピーの中には、薪ストーブがあり、温かい飲み物を自由に飲めるようになっていた。

yasyoku.jpg

ダイニングホールには、極北の素材を使った日替わりのスープとバノック(地元の人たちが昔から食べていたパン)が用意されており、決められた時間内で好きな時に食べられる。
日替わりスープは、北極イワナの塩スープ。バノックにメイプルバターをつけて食べるととっても美味しい!レシピを頂いたので、家でも作ってみよう。ちなみに2夜目はバッファローのトマトスープ、3夜目はホワイトフィッシュのしょう油スープでした。

私たちが滞在した3日間は、9月上旬にしては気温が高い日が続いていたのですが(昼間は長袖カットソー一枚で十分)、それでも夜はそれなりに着込まないと寒かった。(イメージとしては日本の冬の服装で。)
真冬には-30℃から-40℃にもなるそうなので、現地の人にしてみれば寒いうちには入らないのだろう。

初日からオーロラはすごかった。本来23時~3時までのツアーなのだが、ホテル到着が遅れたので始めの30分はカットになってしまった(>_<)加えて初日は施設案内の時間もあり、自由行動の時間が短くなる。あっという間だった。

バスでオーロラビレッジに向かっている時すでにオーロラが出ていたのだが、場所を移動しながら外で施設の説明を受けている途中、オーロラが激しく動き出した。どんどん形を変えながらカーテンのように揺らめき、光の筋が下界へと降り注ぐように見えたり・・・。
私達が今回見たオーロラは、肉眼では薄い緑や白っぽい色だった。
写真のように濃い緑ではなく、多少地味。
でもオーロラが動き出すと、この世の物とは思えないエネルギーや神秘さが湧き上がり、胸の高まりが止まりませんでした。快晴の空に、無数に散らばりきらめく星もすごくきれいだった。流れ星も。夢のような時間でした。

施設案内途中ではあったが、一同皆、興奮し感嘆の声をあげ、すぐに写真撮影タイムが繰り広げられた。
ダンナさんのカメラできれいに撮影できる保証もなし、今を逃したら同じようなオーロラが出る保証もないわけで、他の参加者がそうしていたように、私達も有料で撮影スタッフの方に写真を撮ってもらった。
$40也。決して安くはないけど、一生の記念に。できあがった写真には北斗七星までも写ってた。

この日は天候に恵まれた為、動きはないもののゆったりと絶えることなくオーロラが空に出ていた。
あまり動かないオーロラをのんびり眺めるのもまた良かった。帰りのバスからもオーロラが見えていた。

ホテルに日付は変わり9/3 3:00頃戻り、お風呂に入り、疲れているはずなのにテンションが上がっていたので、しばらく起きていて結局就寝したのは5:00を回っていたように思います。家を出てから36時間、長い一日が終わった。

この日ダンナさんがオーロラの写真を撮影しましたが、撮影に慣れておらずいい写真が撮れませんでした。
9/4最終夜の写真を後ほどアップ致します。
スポンサーサイト
【2006/09/18 08:14】 旅/おでかけ | トラックバック(0) | コメント(5) |
<<オーロラ写真 | ホーム | 9/2 イエローナイフへ 長~い一日その3>>
コメント
大感動だね!! 長い時間極北へ旅して、ようやく巡り会えたオーロラ、最高の感激ですね。
ほんとに長い一日だったようで、お疲れ様でした^^ 忘れられない経験だね。
【2006/09/18 10:25】 URL | shima-shima #nY3JqmDs[ 編集]
オーロラの写真が是非見てみたいです(^^
それにしても、日本から困難を乗り越えて目にしたオーロラは、写真とは別物なのかもしれないね。
【2006/09/18 11:12】 URL | kedama #-[ 編集]
ながーい1日を経て見るオーロラ。
いいなー、初日から見れるなんてラッキーだね♪
約4千円のオーロラ写真みたいなー。
北斗七星も日本よりはるかにきれいだろうなぁ。
【2006/09/18 12:59】 URL | ツミキ #TE3tKegA[ 編集]
すごいすごい!
読んでるだけでも感動するよ(T_T)
満点の星空にオーロラ
人生観変わりそうだよね!
ぜひ写真見たいな♪
【2006/09/18 21:17】 URL | こりたん #-[ 編集]
☆shima-shima様

言葉に表すのが難しいくらいの感動でした。本当に行ってよかった。

☆kedama様

写真と肉眼で見るオーロラはやっぱり違います。もちろん写真でもきれいなんだけどね。やっとオーロラ写真載せましたので、是非見てくださいな。

☆ツミキ様

有料の写真は、目をつぶってないか心配だったけど、ちゃんと開いてて良かったわ。顔が写ってるので、今回は公開できませぬ。

☆こりたん

ほんと人生観まで変わっちゃいそうだよねぇ。もっといろんな場所に行ってみたいと思ったよ。がんばって働いてお金ためないとな~。
【2006/09/19 09:28】 URL | maro #nM19YUmw[ 編集]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kitchenmarronnier.blog5.fc2.com/tb.php/147-3f5b0498
| ホーム |

profile

まろ

links
search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。